庭付き一戸建て

早めのリフォームで資産価値アップが大切

家

家を新築で購入した場合、そろそろ修復をした方が良いかもと考えるのは、10年が経過した頃からですよね。外壁や家の内部に傷みが出たり、小さかった子供が大きくなったりと生活環境の変化によってもリフォームを考える要素になってきます。しかし、リフォームと一口に言っても、お金がかかることなので、すぐに取り掛かるというのは難しいかもしれません。では、どんな時には、必ずリフォームをしなければならないのでしょうか。
多くの人は、家の外壁にシミができた、小さな亀裂が入っているといってすぐに、リフォームをしようとはならないかもしれません。しかし、お金がもったいないからと放置しておくと、後で大きな問題に発展することもあります。新築から10年が経過すると、どこかに汚れや傷ができてしまっているものです。そのままで放置してしまうと、家の耐久性が崩れてしまいます。まず、防水効果がなくなってしまいます。雨が避けられなくなり、雨水、湿気が家の内部に侵入することになってしまいます。また、外が傷むという事は、家が傾く、腐食する原因ともなってしまいます。
小さな傷を見逃さず、コツコツとリフォームを行うことで、いざという時の出費を最小限にすることが可能です。また、家の耐久年数を引き上げ、資産価値としてアップすることに?がるのです。

コンテンツ

リフォームとリノベーションの違い

広いリビング

よく、同じようなことに対して別の言葉を使って表現することがありますが、リフォームもその1つでしょう。リフォームという言い方をすることもあれば、…

詳しくはこちら

リフォームするべきタイミングとは

一軒家

新築住宅の場合は修復工事などする必要はないでしょう。ですが、新築住宅で購入した家も、何十年も経てばもちろんずっと使っているモノですからガタは出…

詳しくはこちら

早めのリフォームで資産価値アップが大切

家

家を新築で購入した場合、そろそろ修復をした方が良いかもと考えるのは、10年が経過した頃からですよね。外壁や家の内部に傷みが出たり、小さかった子…

詳しくはこちら

キッチンリフォームをする際のポイント

ダイニング

特に主婦にとってキッチンというのは聖域です。そんな聖域をもっと自分の夢に近付けるようなキッチンにするためにはやはりリフォームが必要です。新築住…

詳しくはこちら